ピッピの家は代々野良猫

ピッピの家は代々野良猫

厳しい世の中で優しい家族の家系

お婆さんは、お母さん兄妹の縄張りを荒そうとした悪猫を追い払って、道路を渡るときに車にはねられたとか

お母さんは四人姉妹だったけど、兄妹はみんな猫好きな人に引き取られてひとり大人になり、いい人と出会ってピッピの、お兄さんを産んだ

ひとりっ子だったお兄さんは、大事に大事に育てられ、優しい子に育つ

弟として産まれたピッピは、噛み癖が強く、いつもお母さんの乳首を噛みすぎていた

最初は我慢してたお母さんも限界にきて、ピッピを叱るようになる

お兄ちゃんも仲裁に入るけど、流石に周りの毛は抜け、生傷が絶えず、噛み切れそうな乳首の苦痛が限界に来ていた

いつもはピッピを舐め回して可愛がってるのに、教えても教えてもうまくお乳を飲めないピッピにキツくあたってしまう

いつしか噛み癖の治らないピッピに、だんだんエスカレートして頭を叩くように、、、

そんな十分にお乳を飲めず、ピッピが弱っていってることに近所の人たちが気付いてきた

みんな野良猫に餌をやるのは、人々の立場としてはだめだと言われてると知っている

気づいた人たちは、ご飯屋さんと法務事務所の人たちだったので尚更だ、、

そんなピッピに近所の人たちは、それぞれが周囲に気づかれない様にそっと隠れて食べ物を与えていた

飯屋の人達は新鮮な食材を分け与え、法務事務所の人達はドンキホーテで哺乳瓶を買ってミルクを与える

牛乳は子猫には強すぎ、そのまま飲ませると体調が悪くなる、、、

子猫用のミルクは人間のそれより遥かに高価だったが、みんなピッピのためにためらうことはなかった

数日経ってふと飲みにくそうにしてるピッピをよく見ると、哺乳瓶の先を噛みちぎっていた

やはり、、(*^^*)

お母さんはそんな状況を少し距離をおいて見守ってたが、ある日、近所の人達に、なにか伝えようとしたのか、挨拶のように身体をスリスリさせ突然消えた

そういえば最近、見慣れないイケメン猫がウロウロしていたかな、、、(・∀・)

https://d.cocomo.jp

まだ一人では生きていけない小さなピッピは、お兄ちゃんと取り残された

まだ乳離れしてないピッピは、優しいお兄ちゃんの小さすぎる血首に吸い付くが、当然お乳は出ない

それでも甘えたのピッピは、お兄ちゃんの乳首を吸い続け、優しいお兄ちゃんもそれを受け入れる

乳首は噛むには小さいので、お兄ちゃんはアマガミにはへっちゃらだったが、胸のあたりは、ピッピのよだれでいつも濃い茶色に汚れていた、、、(^^)

そして近所の人は、哺乳瓶の噛む部分と、猫ミルクを買い続ける、、、

そんなある日の夕暮れ、飯屋の主人が道路脇に倒れてるお兄ちゃんを見つける、、、もう動くことはなかった、、、

見た目に傷はなくキレイなままで、身体は暖かかったけど、どうやら車にはねられて即死だったようだ、、、

その後もピッピは、近所の人達や、お客さんたちにかまってもらい、ついにお皿からミルクが飲めるようになった

そんなある日、お互い隠れて餌をやりつつ、猫が多くて困りますねなんて言っていたご近所同士が、それぞれ餌をやってることに気づいてくる

いつしか、猫仲間になり、いいご飯をあげる競争になっていた、、

こういった飼い猫でもなく、野良でもなく、優しい地域の人たちが世話してる猫を地域猫という

最初は、生きていくのに人の手が不可欠だけど、次第に獲物を取れるようになっていく

時にはお礼?!に、雀やムクドリの頭や、頭のない体を持ってきてニャーニャーないて見せに来る

その後、近くの飯屋や商店の優しい人たちに育てられたピッピは独り立ちしはじめる

本能なんだろうか、、、ヒーター付きの、すぐに取り替えられる常にキレイなダンボール家と十分なご飯

居心地はいいはずなのに、あまり生まれ故郷には帰ってこなくなる

時には新鮮なひな鳥を狩るが、時にはしばらくご飯に困り、そんな時に、チョウチョに誘われて木に登った…

https://d.cocomo.jp

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る

シェアする

フォローする